国際規格ISO14001認証取得

  • HOME
  • 企業情報
  • 業務内容
  • CSR報告・環境・社会貢献
  • 情報公開
  • お問い合わせ
    1. トップページ
    2. 企業情報
    3. 設備紹介

    設備紹介

    毎日運ばれてくる、いろいろな物が混じったゴミを細かく分けてまとめるには、専用の機械が必要です。

    設備写真 設備名・用途・詳細 所有工場
    B・D・F製造施設
    食品会社から排出される天ぷら油と薬品で、車輌・重機に使用する燃料を製造する施設です。
    平成20年8月から稼動開始。
    1バッチ:200リットル製造
    本山:1基
    塩ビ管破砕機
    塩ビ管を細かく砕いてリサイクルできるようにします。
    能力:2.9t/日
    本山:1基
    ポリ袋自動分別洗浄機
    食品残渣付きポリ袋を自動で分別洗浄します。
    能力 300kg/時間
    本山:1基
    焼却炉
    ダイオキシン対応の炉です
    能力:700kg/時間
    本山:1基
    破砕機
    金属、木、プラスチックなどを細かく砕いて分別しやすくします。
    本山:1基
    鵜飼:2基
    岡山:2基
    仙台:2基
    破袋機
    段ボールに入った資源ごみ、ナイロン袋に入ったゴミなど、箱や袋に入れて出された場合に、破くために使用します。(破砕機ほど砕きません)
    本山:1基
    鵜飼:1基
    切断機
    破砕機にかけられない大きな金属塊を油圧切断機で切断します。構造から「ギロチン」と呼んでいます。
    本山:1基
    ヒモ切り機
    新聞、雑誌をくくっている紐を切断し、集めます。
    昔は人手で切っていたので大変でした。
    鵜飼:1基
    仙台:1基
    古紙圧縮機
    新聞、雑誌、チラシ、段ボールなどを種類分けした後に、圧縮・梱包して輸送しやすくします。
    鵜飼:1基
    仙台:1基
    プラスチック圧縮機
    手選別された、ペットボトル、容器包装プラなどを圧縮・梱包して輸送しやすくします。
    鵜飼:1基
    アルミ缶プレス機
    アルミ缶専用のプレス機です。
    分別されたアルミ缶を自動的に圧縮、押し出してくれます。
    本山:1基
    金属プレス機
    スチール缶・鉄などを圧縮します。
    処理能力37t/日
    本山:1基
    RPF製造設備
    プラスチックと木・紙類を混ぜて固形燃料化します。
    鵜飼工場の主力設備です。
    鵜飼:1基
    岡山:1基
    仙台:1基
    蛍光管破砕機
    蛍光管の中には、微量ながら水銀が含まれています。
    専用の機械で粉砕し、運びやすくした後、リサイクルする工場へ送ります。
    本山:1基
    フロンガス回収機
    回収した冷蔵庫、クーラーの中には、地球温暖化の原因の1つと言われるフロンガスがまだ残っています。
    それを取り除きます。
    本 山
    R−22:1台
    R−12:1台
    分別ライン
    分ければ「資源」と言われますが、機械だけで完全に分けることが難しいのが現実で、人の手に頼っているのが現実です。
    分別目的により4種類のラインがあります。
    (写真はプラスチック分別ライン)
    本 山
    本山:2基
    鵜飼:1基
    磁選機
    磁力を使って、鉄など磁石にくっつく物をより分けます。
    本山:2基
    鵜飼:2基
    岡山:2基
    仙台:2基
    アルミ缶選別機
    磁力の反発力を利用して、アルミ缶をとばして分けます。
    この下に、アルミ缶プレス機がセットされています。
    本山:1基
    トラックスケール
    車の重量を計って、積載荷物の量を割り出します。
    リサイクル工場に必要不可欠な設備です。
    本山:1基
    鵜飼:1基
    岡山:1基
    仙台:1基
    堆肥製造設備
    生ゴミも、発酵させれば肥料として再生することが出来ます。
    急速発酵装置と熟成槽を使って製造しています。
    本山:1基