国際規格ISO14001認証取得

  • HOME
  • 企業情報
  • 業務内容
  • CSR報告・環境・社会貢献
  • 情報公開
  • お問い合わせ
    1. トップページ
    2. 業務内容
    3. 汚水処理関連業務TOP

    業務内容

    汚水処理関連業務

    【くみとり、浄化槽の清掃】

    汲み取りは、バキュームカーを使って行う作業です。
    収集量を判りやすくするために、計量器を搭載して、量を表示出来る車両を導入しています。

    浄化槽の清掃は、バキュームカーを使って、引抜き、水張りまでの作業を行います。
    汚泥の引抜以外に、槽内状況の把握、ろ材・担体の洗浄作業など、清掃時にしか出来ない作業があります。
    近年、浄化槽はコンパクト化していますので、清掃作業が極めて重要になっています。
    メーカーにより構造が違いますので、きちんと状況を確認しながら作業を行っております。

    伝票発行等もシステム化されており、個人差の無いように努めております。

    【液状産業廃棄物の収集運搬】

    ダンパー車を使って行う作業で、主に油水分離槽の清掃を行っています。
    油水分離槽は、ガソリンスタンド、調理場があるお店、学校などに設置されています。
    お店の営業時間の制約がありますので、すばやく、確実に作業を行う必要があります。

    その他に、高圧ジェット車と一緒に管内洗浄を行ったり、土砂を除去する時にも使用します。

    ダンパー車の吸引力はバキューム車よりも強力ですので、作業にはかなりの注意が必要です。

    また、硫化水素などの有毒ガスが出る可能性もありますので、資格者が確認しながら作業をおこなっております。

    【浄化槽の維持管理】

    浄化槽には、家庭から出る汚水を処理する小型浄化槽、アパート・店舗の汚水を集中処理する中型浄化槽、
    団地の汚水を処理する大型浄化槽、地域の汚水を処理する集落排水処理施設があります。
    オガワエコノスでは、それらすべての維持管理が出来る資格、経験があります。

    浄化槽には、昭和の時代に設置されたトイレ排水だけを処理する単独浄化槽(現在はみなし浄化槽と言います)、平成になって普及している、台所、風呂水も合わせて処理する合併浄化槽(現在は浄化槽)があります。

    古いから無くなるという事にはなりませんので、技術の伝承と新しい技術の習得と並行して維持管理レベルの向上に努めています。

    【下水処理施設の維持管理】

    公共下水道の処理施設・中継ポンプ場の維持管理、汚泥の脱水業務を行っています。

    下水処理場は浄化槽同様、微生物を利用して汚水を浄化していますので、処理状況判断が大事となります。

    重要なのは、緊急時への対応です。施設のトラブル時は自動的に通報されます。

    どの時間に起きるかは予測出来ませんので、連絡があったらすぐに対応出来る体制を整えています。

    【メンテナンス・販売業務】

    ・浄化槽の修理・蓋などの交換
    ・浄化槽担体の交換
    ・生ゴミ処理機の販売
    ・排水管のつまりへの対応
    ・トイレのつまりへの対応
    ・家庭内で処分に困るゴミの対応

    など、お気軽にご相談ください

    【お問い合わせ】
    オガワエコノス本社
    TEL 0847-45-2998(代)